パパ・ママ必見!音楽の習い事に興味のある保護者に向けた教育サイト

音楽の習い事が子供に良い理由

>

音楽の習い事のメリットを幼児教育と脳科学の両面からアプローチ

感覚の敏感期における音楽の役割の重要性

感覚の敏感期である0歳から3歳にかけては、聴覚や視覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感がめざましく発達します。
モンテッソーリ教育では、幼少期に質の高い音楽を聴かせることを推奨しています。なぜなら、音楽の才能を開花させるだけに留まらず、聴覚が発達し、言語を聞き分ける能力が高くなり、外国語の習得にもメリットがあるからです。また、趣味のある人はない人よりも豊かな人生を送れます。大人になってから楽器をたしなんだり、踊ったりすることを楽しんでいる人は、赤ちゃんのころからさまざまな音楽を聴いていた人です。幼少期から音楽に親しみ、リズム感や音感が身についているからこそ、歌やダンス、楽器の演奏を楽しむことができるのではないでしょうか。
感受性が豊かで、表現力豊かな大人へと成長するために、感覚の敏感期をどう過ごすかが大きな鍵となるでしょう。

家庭でできる豊かな心を育む感性の育て方

1マラカスシェイク(適齢期:3ヶ月~)
赤ちゃんはコップやお皿を叩くのが好きです。そこで、プラスチックの容器に小石やお米、小豆、水などを入れていろいろな音を聞かせてみましょう。喜んで振ってくれます。
2リズム遊び(適齢期:3ヶ月~)
「音楽が止まったら、動くのをやめてね」とルールを教え子どもの好きな音楽をかけます。音楽がいつ止まるかわからないので緊張感が生まれ集中します。音楽が止まったと同時にストップできると達成感を感じます。
3楽器を楽しむ(適齢期:2歳~)
「音楽」の知能を高めるには、楽器を演奏したり、歌を歌うなど能動的な体験も効果的。ラッパは腹式呼吸や「息を吹く」という行為が身につきます。
4生活の中に音楽を取り入れる
朝はクラッシックを流し、片付けや掃除をしているときはアップテンポの曲をかけるなど生活に音楽を取り入れると、音楽が身近な存在になり興味や関心が高まるでしょう。


TOPへ戻る